084-959-3211

〒720-0824 広島県福山市多治米町2丁目15-16

福山市 多治米町 の内科・循環器内科 谷口 ハートクリニック

院長紹介

求人案内

イベント

お問い合わせ

ご挨拶

近年、国境を越えた人や物の流れが起こり、その後のインターネットや携帯端末の普及により、たくさんの情報を誰でも容易に得ることができるようになりました。私たちの生活は大変便利になり、物質的にはとても豊かになりました。しかしその一方で、コミュニケーションの方法が変化し、世界の裏側に住む人との距離は近くなりましたが、近くの人との距離はむしろ遠くなってしまったような気がします。私たちは幸せになっているはずですが、何となく精神的には満たされない殺伐とした空気を感じます。

私たちはみんな助け合って生きています。私たち医療人は、健康という人の幸せにとって最も本質的な部分を担っていますが、幸せは健康のみで得られるものではありません。そのことを謙虚に認識し、日本人としての和の心をもって、その人の病気を通してその人を丁寧に診る。縁ある人の幸せを真剣に考えて、それを共感し、共有することにより私たちもたくさんの事を学び、そして幸せを感じて、その幸せの和を広げていくという道を歩んでいきたいと思います。

院長 谷口 学

院長略歴

平成9年に熊本大学医学部を卒業後、広島市民病院での2年間の一般内科研修を経て、平成11年より福山循環器病院で勤務。

その後、川崎医科大学循環器内科にて心臓超音波検査の修練を行い、岡山大学循環器内科を経て、平成20年より岡山大学病院循環器疾患治療部。カテーテルを使った心房中隔欠損症閉鎖術における三次元心エコー図の有用性を世界に先駆けて発信し、その普及に努めた。

平成23年より福山循環器病院に戻り、平成25年9月に谷口ハートクリニックを開院。

平成27年10月に医療法人 曉会 谷口ハートクリニックを開設。

所属学会・認定医

【学位・専門医】

  • 医学博士 岡山大学
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医

【所属学会】

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本心エコー図学会
  • アメリカ心エコー図学会
  • 日本老年学会

業績

英語論文、日本語論文、診療ガイドライン策定、著書、招待講演、表彰、学会発表の紹介。

(英語論文)
1.
Taniguchi M, Akagi T, Kijima Y, Sano S. Clinical advantage of real-time three dimensional transesophageal echocardiography in transcatheter closure of multiple atrial septal defects. Int J Cardiovasc Imaging 2013; 29: 1273-1280.

2.
Takaya Y, Taniguchi M, Sugawara M, Saori N, Kusano K, Akagi T, Ito H. Evaluation of exercise capacity using wave intensity in chronic heart failure with normal ejection fraction. Heart Vessels 2013; 28: 179-187.

3.
Takaya Y, Taniguchi M, Akagi T, Nobusada S, Kusano K, Ito H, Sano S. Long-Term Effects of Transcatheter Closure of Atrial Septal Defect on Cardiac Remodeling and Exercise Capacity in Patients Older than 40 Years with a Reduction in Cardiopulmonary Function. J Interv Cardiol 2013; 26: 195-199.

4.
Nakagawa K, Akagi T, Taniguchi M, Kijima Y, Goto K, Kusano KF, Ito H, Sano S. Transcatheter atrial septal defect in a geriatric population. Catheter Cardiovasc Interv 2012; 80: 84-90.

5.Taniguchi M, Akagi T, Kijima Y, Ito H, Sano S. Transcatheter closure of a large atrial septal defect under microprobe transesophageal echocardiographic guidance. Echocardiography 2012; 29: E94-E96.

6.
Kijima Y, Taniguchi M, Akagi T. Catheter closure of coronary sinus atrial septal defect using Amplatzer Septal Occluder. Cardiol Young 2012; 22: 223-226.

7.
Watanabe N, Taniguchi M, Akagi T, Tanabe Y, Toh N, Kusano K, Ito H, Koide N, Sano S. Usefulness of the right parasternal approach to evaluate the morphology of atrial septal defect for transcatheter closure using two-dimensional and three-dimensional transthoracic echocardiography. J Am Soc Echocardiogr 2012; 25: 376-382.

8.
Taniguchi M, Akagi T. Real-time imaging for transcatheter closure of atrial septal defects. Interv Cardiol 2011; 3: 679-694, review.

9.
Kijima Y, Taniguchi M, Akagi T, Nakagawa K, Kusano K, Ito H, Sano S. Torn atrial septum during transcatheter closure of atrial septal defect visualized by real-time three dimensional transesophageal echocardiography. J Am Soc Echocardiogr 2010; 23: 1222.e5-1222.e8.

10.
Taniguchi M, Akagi T, Watanabe N, Yoshio O, Nakagawa K, Kijima Y, Toh N, Ohtsuki S, Kusano K, Sano S. Application of real-time three-dimensional transesophageal echocardiography using a matrix array probe for transcatheter closure of atrial septal defect. J Am Soc Echocardiogr 2009; 22: 1114-1120.

11.
Watanabe N, Taniguchi M, Akagi T, Maruo T, Tanabe Y, Kasahara S, Kusano K, Koide N, Sano S. Large atrial septal defect visualized by real-time three-dimensional echocardiography. J Echocardiogr 2009; 7: 39-40.

12.
Taniguchi M, Akagi T, Ohtsuki S, Okamoto Y, Tanabe Y, Watanabe N, Nakagawa K, Toh N, Kusano K, Sano S. Transcatheter closure of atrial septal defect in elderly patients with permanent atrial fibrillation. Catheter Cardiovasc Interv 2009; 73: 682-686.

13.
Taniguchi M, Akasaka T, Saito Y, Kaji S, Kawamoto T, Sukmawan R, Yoshitani H, Neishi Y, Ohe T, Tanemoto K, Yoshida K. Improvement of flow capacity of the left internal thoracic artery graft assessed by using a pressure wire. J Thorac Cardiovasc Surg 2007; 134: 1012-1016.

14.
Wu ET, Akagi T, Taniguchi M, Maruo T, Sakuragi S, Otsuki S, Okamoto Y, Sano S. Differences in right and left ventricular remodeling after transcatheter closure of atrial septal defect among adults. Catheter Cardiovasc Interv. 2007; 69: 866-871.

15.
Watanabe N, Taniguchi M, Maruo T, Murakami M, Tou N, Tanabe Y, Miyaji K, Kusano K, Koide N, Ohe T. Large calcified mass on the mitral annulus. J Echocariogr 2005; 3: 123-124.

16.
Takebayashi H, Haruta S, Kohno H, Ichinose H, Taniguchi M, Shimakura T, Ohe T. Immediate and 3-month follow-up outcome after cutting balloon angioplasty for bifurcation lesions. J Interv Cardiol 2004; 17: 1-7.

17.
Taniguchi M, Hioka T, Maekawa K, Takagaki K, Shoji K, Yoshida K. Adult case of isolated ventricular noncompaction discovered by complete atrioventricular block. Circ J 2004; 68: 873-875.

(日本語論文)
1.
谷口 学.3次元心エコーが有用であった先天性心疾患例.心エコー 2011; 12: 1044-1050.

2.
谷口 学、伊藤 浩.カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術:心エコーが果たす役割.心エコー 2011; 12: 502-511.

3.
今田有美子、谷口 学、渡辺修久、小坂豊子、信定さおり、青木佐知子、亀井成美、岡田 健.心電図装着法の工夫によるマスター二階段負荷試験の改良.医学検査 2010; 59: 1229-1233.

4.
谷口 学.非外科的治療を行うための画像診断のポイント:心房中隔欠損症.Heart View 2010; 14(13): 1358-1365.

5.
谷口 学.三次元経食道心エコー図による卵円孔形態の解析:経カテーテル的卵円孔閉鎖術との関連性.山陽放送学術文化財団リポート 2010; 54: 27-32.

6.谷口 学、伊藤 浩.心エコー図の実際、遭遇しやすい成人先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、動脈管開存症)と治療適応.綜合臨牀 2010; 59(5): 1291-1298.

7.
谷口 学.成人先天性心疾患、心エコー図による心房中隔欠損デバイス閉鎖術の適応評価.医学のあゆみ 2010; 232(7): 800-801.

8.
谷口 学.構造的心疾患、卵円孔開存症:エコー診断法.循環器科2009; 66(3): 253-258.

9.
谷口 学、吉田 清.医療改革と画像診断、超音波診断.医療機器システム白書 2004; 19-22.

10.
谷口 学、吉田 清.冠動脈エコーの現状と展望.Innervision 2004; 19(6): 72-75.

11.
谷口 学、吉田 清.慢性心不全.成人病と生活習慣病 2004; 34(2): 189-192.

(診療ガイドライン策定)
1.
成人先天性心疾患診療ガイドライン(2011年改訂版)(2010年合同研究班報告)協力員

(著書)
1.
谷口 学.「ASD閉鎖術術中経食道心エコー図」「その他の画像診断:CT」「PFO閉鎖術術中経食道心エコー図」、『SHDインターベンション治療のための心エコー図マニュアル』、MEDICAL VIEW、2014年、138-145頁、152-154頁.
2.
谷口 学.「先天性心疾患」、『心エコー診断100ステップ』、中外医学社、2012年、210-217頁.

3.
谷口 学.「成人の先天性心疾患・心房中隔欠損症」、『実践3D心エコー図法』、南江堂、2012年、152-156頁.

4.
谷口 学、伊藤 浩.「大動脈弁逆流」、『心エコー図知ってるつもりの基礎と知識』、メジカルビュー社、2011年、102-107頁.

5.
谷口 学、赤木禎治.「急性心不全・慢性心不全の急性増悪、先天性心疾患」、『CCU実践マニュアル』、羊土社、2009年、138-142頁.

6.
谷口 学、赤木禎治.「先天性心疾患、脳塞栓症予防法としての卵円孔(PFO)閉鎖」、『Annual Review循環器2009』、中外医学社、2009年、271-277頁.

7.
谷口 学、赤木禎治.「小児の心エコー図、カテーテルインターベンションと心エコー図、心房中隔欠損症」、『臨床心エコー図学第3版』、文光堂、2008年、701-703頁.

8.
谷口 学、吉田 清.「冠動脈エコーの現状と展望、『血管エコー テクニックと意義』、インナービジョン、2006年、90-93頁.

9.
谷口 学、吉田 清.「心不全をどのようにみつけるか、それぞれの検査について、心エコー検査でなにがわかる」、『心不全診療ガイダンス』、MEDICAL VIEW、2004年、92-99頁.

10.
谷口 学、吉田 清.「心臓、急性冠動脈疾患、OASIS-2」、『DATA UPDATE循環系第3版』、先端医学社、2004年、120-121頁.

11.
谷口 学、吉田 清.「弁膜疾患の手術適応と至適時期、非リウマチ性僧帽弁逆流内科」『新・心臓病プラクティス2 心疾患の手術適応と至適時期』、文光堂、2004年、134-138頁.


(招待講演)
1.
Taniguchi M. Clinical utility of 3D echocardiography for adult congenital heart disease. The 76th annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Meet the expert, Fukuoka, Mar 2012.

2.
谷口 学 成人先天性心疾患のカテーテル治療トピックス 経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖 第5回成人先天性心疾患セミナー、大阪、2011年10月

3.
谷口 学 Adult Cardiologistに知って欲しい症例を通しての成人ASD治療のポイント:心房細動合併例の治療. 第5回成人ASD/PFOカテーテル治療研究会、大阪、2011年7月

4.
Taniguchi M. Three dimensional transesophageal echocardiography and transcatheter closure of atrial septal defect. Angioplasty summit TCTAP 2011, Structural Heart Disease Symposium, Seoul, April 2011.

5.
Taniguchi M. Il ruolo della Ecocardiografia Transesofagea 3D “real time” nelle procedure interventistiche di chiusura percutanea delle comunicazioni interatriali (DIA/PFO). Corso Di Aggiornamento, Focus on Forame Ovale Pervio. Rome, February 2011.

6.
Taniguchi M. Can we anticipate which are the difficult-to-close ASDs ? Clinical implication of real-time 3 dimensional transesophageal echocardiography. 2nd Asia Pacific Congenital & Structural Heart Intervention Symposium 2010, Hong Kong, January 2011.

7.
谷口 学 経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術における心エコー図の役割.第40回岩手心エコー図研究会、盛岡、2010年11月

8.
谷口 学 心房中隔欠損症:カテーテル閉鎖術前後における評価.第19回日本心エコー図学会夏期講習会、神戸、2010年7月

9.
谷口 学 外来診療における経食道心エコー診断.第3回成人先天性心疾患セミナー、東京、2009年6月

10.
谷口 学 STROKE合併PFO例のカテーテル治療までのアプローチ:エコー診断と実際のアプローチ. 第2回成人ASD/PFOカテーテル治療研究会、名古屋、2008年7月

11.
谷口 学 成人先天性心疾患における画像診断:3D心エコーの有用性. 第2回成人先天性心疾患セミナー、東京、2008年6月

12.
谷口 学 成人ASDカテーテル治療:心エコー図診断. 第1回成人ASD/PFOカテーテル治療研究会、東京、2007年12月

13.
谷口 学 カテーテルインターベンション、心房中隔欠損症、経食道心エコー図によるカテーテル治療の適応評価.第1回成人先天性心疾患セミナー、東京、2007年6月

(表彰)
1.
Young Investigator Award、第95回日本循環器学会中国地方会、岡山、2009年11月

2.
Outstanding research award Best Case, Angioplasty summit TCT Asia Pacific 2009, Seoul, Apr 2009.

(学会発表)

<シンポジウム>
1.
谷口 学、赤木禎治.経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術における経食道心エコー図治療ガイド.第85回日本超音波医学会学術集会特別企画演題、東京、2012年5月

2.
谷口 学、菅原基晃 他.Wave Intensityは、慢性心不全患者における運動耐容能の評価に有用である.第84回日本超音波医学会学術集会特別企画演題、東京、2011年5月

3.
谷口 学.経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術における心エコー図の治療ガイドとしての役割.第22回日本心エコー図学会学術集会シンポジウム、鹿児島、2011年4月

4.
谷口 学、赤木禎治 他.リアルタイム三次元経食道心エコー図を用いた心房中隔欠損症のカテーテル閉鎖術.第58回日本心臓病学会学術集会ビジュアルワークショップ、東京、2010年9月

5.
谷口 学、赤木禎治 他.経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術における治療ガイドとしての超音波法.第83回日本超音波医学会学術集会ワークショップ、京都、2010年5月

6.
谷口 学、赤木禎治 他.リアルタイム3D心エコーの到達点、経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術への応用.第21回日本心エコー図学会学術集会シンポジウム、札幌、2010年5月

7.
Taniguchi M, Nagase S, et al. Management of atrial fibrillation in adult patients undergoing transcatheter closure of atrial septal defect. The 74th annual scientific meeting of the Japanese circulation society, symposium session, Kyoto, Mar 2010.

8.
Akagi T, Zahn E, Taniguchi M, et al. Live cases from Okayama, Japan. Pediatric and Adult Interventional Cardiac Symposium 2009, Live demonstration, Cairns, June 2009.

9.
Taniguchi M, Akagi T, et al. Clinical application of live three-dimensional transesophageal echocardiography for transcatheter closure of atrial septal defect using a three-dimensional transesophageal matrix array probe. Featured research session、The 73th annual scientific meeting of the Japanese circulation society, Osaka, Mar 2009.

10.
Taniguchi M, Akagi T. “Borderline between adult congenital heart disease and structural heart disease”: How to detect the PFO. The 11th annual scientific meeting of the Japanese society for adult congenital heart disease, International symposium session, Okayama, Jan 2009

11.
谷口 学、赤木禎治 他.経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術におけるReal-time 3D経食道心エコー図の役割.第56回日本心臓病学会学術集会ビジュアルワークショップ、東京、2008年9月

12.
谷口 学、赤木禎治 他. 経カテーテル的心房中隔欠損閉鎖術後におけるBNP上昇の予測、Wave intensityによる検討.第10回成人先天性心疾患研究会、会長要望演題、東京、2008年1月

この他、口演、ポスター発表など。
PAGE TOP